2007年02月03日

私の心を揺さぶる人々:ミーハー魂編

“ミーハー”という言葉は本来あまりいい意味のものではないのは承知の上だけど、ここでは雰囲気や佇まいが“スーパー大好き”という意味で使わせていただきます。(敬称略です)  
 
私のミーハー魂の原点、それは沢田研二!  
それ以前にもドリフやピンクレディーなど好きな芸能人はいたけれど、トキメキ方が違う。  
小学3年生位〜5年生の間、TVに出ているジュリーを見るだけで、私は幸せだった。  
 
小学6年になると“たのきんトリオ”の野村義男のファンになった。  
トシちゃん、マッチに人気が集中する中、ヨッちゃんファンはクラスで私とNちゃんだけ。  
よく2人で慰めあったっけ。  
ヨッちゃんは文化放送で10分くらいの番組を持っていたので、ラジオを聞き始めた私。  
この頃の将来の夢は“(ヨッちゃんに会う為に)文化放送のアナウンサー”になることだった。  
ラジオ番組も自分の恋心(?)にも終わりがあるということに気がついていなかった(笑)。  
 
ラジオによって洋楽も聴くようになる。  
80年代はブリティッシュロックの黄金期(といってもいいよね?)。  
中学1年の頃、数あるミュージシャンの中で一番好きだったのはデュラン・デュラン。  
ベース担当のジョン・テイラーが私にとって特別な人になった。  
私世代の、しかも田舎育ちの中1といえば、夢見るお年ごろ(笑)。

情報が少ない分、妄想も炸裂よ!  
ジョン・レノンと結婚したオノ・ヨーコのように、デヴィッド・シルヴィアンの当時の彼女だったユカのように、私もジョンと結婚しよう!と心に決めていた(笑)。  
彼女達のように芸術的才能は自分に無いという事を知っていたけれど、“大人になってロンドンに行けば、きっとジョンは私を探しだしてくれるわ♪”とあれこれ妄想にふけりながら、英語を勉強していた。  
(結果的には英語は身につかず、ロンドンにも行くことはなかった)  
 
中学3年の夏、デビュー前のチェッカーズをローカル番組で見て一目ぼれ。

ジョン・テイラー個人への愛情が薄れ、代わりにその席にはギター担当の武内亨が座ることになった。  
中学生活が終わりに近づくにつれチェッカーズファンが増え、その子たちと話し合った結果、“彼らにお近づきになるには、まずバンドをやらなきゃいかん”という結論に達した(笑)。  
そして高校に入学後、バンドを始めた。  
高校周辺にはJRの駅があり、当時、市内では一番の繁華街。楽器屋もあるし大きい本屋もある。  
トオルを崇拝していた私は、その本屋でトオルが好きと言っていた雑誌“宝島”を初めて手にとった。  
当時の宝島はモノクロのA5サイズで、私が知らなかった世界が紙面にあふれていた。  
私の興味は、それまでのメインカルチャーからサブカルチャーへ、メジャーアーティストからインディーズへと移行し、それにより、高2になるあたりから“ミーハー魂”の勢力は一気に下降する。


その後9年ほどの間、高校卒業後は仕事をしつつ、バンド活動やライブ通いなど音楽中心の生活を送っていた。  
地に足のついた(?)恋愛もほどほどにあった。  
 
しかし、25歳の春頃に、それまでおとなしくなっていた“ミーハー魂”がSMAPによって暴れだし、今に至る。  
 
あ〜、改めて私ってバカだなぁ(笑)。 


沢田研二のベストやデュラン・デュランやチェッカーズは今もたまに聴く。  
ヨッちゃんのデビューバンド“THE GOOD−BYE”はあまり好きではなかったけれど、現在の活動をTVで見ると、とてもうれしくなる。  
当時のように妄想にふける事はなくなったけれど、今でもやっぱり、彼らの事は好きなんだな。  

posted by かかん at 00:54| Comment(6) | TrackBack(1) | 好むモノ好まざるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

華麗なる・・・か?

昨日の朝から、”谷原章介さん、結婚”の報道に軽いショックを受けているワタクシ。
ドラマ好きです。
 
14日にスタートした『華麗なる一族』、今期ドラマ中でトップの視聴率だとか。
もちろん私も見ました。
山崎豊子さんの原作は以前に読んでいて、いろいろな駆け引きが興味深くて、好きな本。
今回、木村拓哉さんが鉄平役で主演と報道があった時、再度読み返してみたけれど、ちょっとその設定に違和感を感じたっけ。
 
木村さんはとても彼らしい演技をしていたけれど、やはり昭和30〜40年代の御曹司という感じは正直しなかった。
今の時代の御曹司という設定ならばアリなんだけどな〜。
 
念のため言っておくと、私は木村さんアンチではありません。
むしろ、SMAP大好きです♪
原作が好きだから、つい期待してしまうだけ。
 
セットにもかなりお金をかけているらしいけれど、ドラマ中での敬介(鉄平の祖父)の肖像画と最後に出て来た鯉にはちょっと笑ってしまった。
ナレーションもちょっと違和感があったと個人的に思う。
あと、14日から売り出したらしい「華麗パン」、これはどうだろう??
コメディードラマならいいと思うけれど、PRの方向がいかがなものかと思う。
 
とはいいつつも、楽しみにしていたドラマの中のひとつなので、最後まで見ます♪
 
他のドラマは録画してあるけどまだ未見。
見る予定のドラマは『今週、妻が浮気します』と『ハケンの品格』と『わるいやつら』かな。
posted by かかん at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 好むモノ好まざるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。